給食計画

日々の生活では、いろいろとストレスが溜まることがあります。プライベートや仕事中でもさまざまな人とコミュニケーションを取ることもありますが、人付き合いなどが苦手という場合には、徐々にストレスが溜まってしまい適度に発散をするかストレスを軽減するための対策をする必要がでてきます。 また、ストレスの原因なども人によって生活環境や人間関係など状況によって違いがあります。
現代の社会はこれまでの社会構造とは大きく変化をしているタイミングでもあるため、様々なシーンでストレスを感じる方が増えていますし、各所で感じたストレスによって人間関係がギクシャクとしたものになる事例も珍しくありません。 そのように各所で感じた小さなストレスが積み重なって他人に対して強く当たってしまったり、元来生まれ持った価値観や性格が異なる者同士が同じ環境で近い距離を保ちながら過ごすからこそ生まれる負担もあります。 また仕事の内容や日々の生活自体には不満が無いのにも関わらず、気持ち良く働いたり過ごす事ができないといったストレスの原因は人間関係にあるので、人間関係を良好にしてできるだけ気持ち良く過ごしていくためには、お互いの事をよく知りつつ個々がストレスを解消していく事が大切です。

ストレスの原因は人間関係であることが多いので、共食で人間関係の円滑化をするのがおすすめです。 ストレス対策には共食をすることで、心の中にため込んでいたストレスを解消することが出来るといわれています。 共食とは、一人ではなくて誰かと一緒に食事をすることですが、一人でする場合に比べると心にゆとりを持つことが出来たり気持ちがほっとすることがわかっています。 一緒に食事をする相手は家族や友人で構いませんし、ちょっとした知人でも構いません。 誰かほかの人と食事をするということが重要ですので、一人で食べることが多いストレスを感じている人は試してみてはいかがでしょうか。
食事の摂り方には、「こ食」と「共食」というものがあります。 こ食とは孤独に食べたり子どもだけで食べたり、或いは濃い食べ物ばかりを食べたりといいうように、マイナスな意味で使われることが多い言葉です。 一方で共食とは、共にみんなでご飯を食べようという意味を持ち、最近になって特にそのメリットが注目されるようになりました。

ストレス対策はこれまでにいくつも考えられてきていますが、一度基本に立ち返ってみると、ストレス対策には共食が有効だと考えることができます。 ストレスの原因は人間関係が多くを占めますが、同時にストレスを軽減できるのも、この共食にヒントがあるといえます。 言い換えるなら、共食で人間関係の円滑化に取り組み、そしてストレスを感じにくい関係性を構築することが大切というわけです。
「給食計画」を活用して近くの飲食店でランチ会を開催しようという法人のお客様が増えています。(ありがとうございます!) こちらのページで法人のお客様へのご提案書を公開しました。 テスト的に、スライドショーを動画にしたものをYouTubeにアップロードしました。 よろしければご覧ください。

社員同士のコミュニケーションをもっと取りたいと思っているのに、実際にはセクハラやパワハラやSNS炎上など気になってコミュニケーションを取れていない・・・と思っていらっしゃる会社のマネージャー層の方や人事部・総務部の方に今、非常に受けています。 それが「給食計画」の利用例の「ランチ会」。 法人向けにお出ししている提案書を一部修正して公開させていただけることになりましたので、給食計画のブログをご覧くださった方だけにこっそりご覧いただこうと思います。
そういったことが問題となってきたので、家族が一緒に食事を共にする共食に注目が集まっています。 共食ができれば、大人は子供に学校での出来事を聞いて悩みがあるならアドバイスをしてあげたり、大人が働くということの大変さを教えたりすることでコミュニケーションをとれるようになります。 家族が何をしているのか、何を考えているのかわからないと、同じ家に住んでいる同居人でしかありません。 家族としての絆を強めるためには、コミュニケーションを密にすることは必要です。 また、家族団らんで笑いながら食べれば、食事もただの栄養補給の手段ではなくじっくりと味わうことができ楽しい時間になるでしょう。

共食とは「共同飲食」の略称です。 宗教的な儀式の際に同じものを食べることに対して、この言葉を使う場合もありますが一般的には家族や同級生、職場の同僚など、自分が所属しているコミュニティのメンバーと共に食事することに対して用いられています。 逆にこうしたコミュニティのメンバーとは別に自分一人だけで食事をすることは、孤食と呼ばれています。
誰かと一緒に食事をすることで、さらに美味しく感じるなどと言われることがあります。共食と言われる行動ですが、共食することで得られるメリットは、とても沢山あります。 例えば、嫌いなものが多い子供が家族と一緒に食事をすることにより、嫌いなものを美味しそうに食べるのを見て、食べられるようになった。箸の持ち方を真似することにより、日本古来より伝わる文化を学ぶことができたなど、数えるときりがないほどのメリットが存在します。

さらに表示する