ブログカテゴリ:飲食店の方へ



毎年1月24日から1月30日までの1週間は「全国学校給食週間」です。 文部科学省によると、学校給食の始まりは明治22年のこと。途中戦争の影響で中断されましたが、特に第二次世界大戦の直後の食糧難に児童の影響状態の悪化の対策として給食の声が上がりました。 再開されたのが昭和21年(1946年)の12月24日で、給食再開を記念して「学校給食感謝の日」とされました。...
おかげさまで、給食計画のNEXTは 4期目を迎えることができました! ありがとうございました! 第4期のテーマは「営業」です。 これからも変わらずご指導のほどをよろしくお願いいたします。 2019年11月1日 代表 田中一徳   

マッチングサイト Saleshub に給食計画が掲載されました。 栄養バランスの良い食事をビジネスパーソンに届けたい! 社員の健康のために、会社と栄養士と飲食店をつなぐ給食計画 ぜひご覧ください!
飲食店のフードロスの発生原因の1つは、売れると見込んで仕入れたものが売れずに残って発生します。 なぜ売れ残りが発生するのでしょうか。 それはご存知の通り、 飲食店が待ちの商売で、 お客様がその日来店するかどうかはお客様次第だからです。 それに対して、給食計画は飲食店に計画生産を提供します。 飲食業界で初めて計画生産を実現します。 給食計画は、来店日時と人数と献立をあらかじめコーディネート・決定します。 お店は何日も前にいつ、何人の客が来店するかだけでなく、何を注文するかを知っています。お店はコーディネートの結果に従って適切な量の食材だけ仕入れればよいのです。

給食計画は現在こちらの地域でサービスを提供しています。 東京都港区
goo辞書(小学館デジタル大辞泉)によると「給食」とは、「学校や会社などで、児童・生徒・従業員などに食事を支給すること。また、その食事」のこととあります。 食事を供給する、言い方を変えると食事を提供するから給食です。 みなさんの中で給食の提供を受けた経験をお持ちの方は少なくないと思います。 私たちもその中の一人です。 給食といえば、何を連想しますか? 学校 みんなで 栄養バランスが良い 誰かが考えてくれる 作ってくれる 楽しい 机を並べて みんな同じメニュー 好き嫌いはダメ

給食計画の構想段階で「ランチに関する調査」を実施しました。 そもそも給食計画を構想してリリースすることの発端は、創業者になったボク自身が食事に困っていたことだったのです。
身体や健康のことを考えて食事に気をつけたいけれど忙しくてついつい食べ過ぎてしまったり栄養バランスが偏りがちになっている方々に、お店や栄養の専門家の力を借りて、栄養バランスの良い食事を近くのお店で食べられるようにコーディネートする「給食計画」を運営しているNEXT合同会社(本社:神奈川県川崎市 代表:田中一徳)は2018年に「ランチや食事スタイルに関する調査」としてインタビューを独自で実施したのでその結果概要を公表します。

おかげさまでお問い合わせいただくことが多くなりましたので、改めて給食計画の概要とご利用の流れを説明させていただきます。
健康保険組合連合会さんが立ち上げた「あしたの健保プロジェクト」。同連合会発足の背景はこちら。 半世紀を超えて、日本の健康を支えてきた「国民皆保険制度」。皆保険制度は、必要なときに必要な医療が受けられる、いわば日本の財産ともいえます。この財産を、次世代につないでいくこと。それは、私たちの使命です。...

さらに表示する