ブログカテゴリ:法人・人事総務担当の方へ



健康経営の施策は経営者にとって悩みの種ですが、労働環境の改善やノー残業デーの設定、健康診断や運動指導の他にも食事があります。食事といってもバランスの良い食べ方だけでなく、みんなで一緒に共食する摂り方がポイントです。...
日本の社会でも子供の弧食が大きな問題になってきています。...

会社の経営者は、自社の利益を上げるために、優秀な人材を育成したり、中途採用でも優れた人材の確保を行っていることは普通のことです。...
経済産業省は、企業の健康経営を推進しています。国を挙げて推進している健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え実践することです。 これまで日本の企業は、働く従業員の健康について深く考えてきませんでした。その結果長時間労働が常態化して肉体的、精神的にも従業員は健康を害して、幸せを感じながら働くことができません。...

最近は、健康経営が注目されています。健康経営とは何かといえば、従業員の健康を考える経営です。当然のような感じもしますが、実は日本の企業ではあまり注目されていなかった経緯方法です。なぜこのようなものが注目されたかといえば、一つは少子高齢化の影響といえるでしょう。少子高齢化により働く人の人数が減少している傾向があります。すべての会社で働く人が減少してきたわけではありませんが、人気のある企業と人気のない企業がある中で、人気のある業種はごく一部だけです。裏を返せばそれだけ人気のない業種には人が集まらず、人員不足の中で仕事をしなければなりません。人員不足の中で仕事をするとなれば、一人にかかる負担は非常に大きくなります。負担が大きくなれば効率的な仕事をせざるをえません。 しかし、すべての従業員が効率的に仕事をすることができるとは限らないため、少なくとも会社の中で何らかの対策をせざるをえない部分があります。そこで考え出されたのが健康経営になります。 社員の健康を十分に考えた上で経営をすることで、無理な残業などをさせず健康維持させることを目的にしています。すべての企業が健康経営の施策を持っている訳ではありませんが、次第に注目度が高まってきているのが事実です。 企業価値を高めるために、このようなことを積極的に進めている会社が多くなっていますが、実は日本政府もこの考え方を推し進めています。具体的にどのようなことをするかといえば、一つが食事に関する管理になります。食事は人間の体の基本になりますので、いい加減な食事ばかりをしていては、仕事が十分につとまりません。例えば健康状態が悪くなった人の仕事の効率を見てみると、決して良いとは言えないでしょう。健康状態が悪いと、基本的に仕事を休みがちになります。そうすると欠員が出て結果的に人員不足に陥ることが予想できるわけです。そうであるならば、まず人々の食事に関して注意をしなければなりません。 とはいえ、従業員全員の食べ物を管理することはできません。それならば、どのような食事が好ましいかそしてどのような食べ物が好ましくないかといったことを提示するだけになります。もちろんそれだけでも、十分効果を得られるといえるでしょう。 もう一つの考え方として、みんなで一緒に共食をする方法があります。これはお昼休みなどを利用して、グループごとに食事をする形です。もちろん自由参加になりますので全員が参加する訳ではありません。会社によっては全員参加のこともありますが、基本的に全員参加にするとお昼御飯を食べない人にとっては良い迷惑です。そのためある程度自由参加にしてもよいでしょう。 その代わり参加した人に対しては、一部の料理の代金を出すなど参加しやすい環境にしておくことも重要になるわけです。それと同時に、グループごとに親睦を図ることが可能になります。例えば課長と平社員数人のように一つのグループが出来上がればその中でコミュニケーションを図ることが可能です。ただこの場合には、仕事の話しばかりをしていても仕事の延長になってしまうため決して仕事の話しはしないことを前提に食べたほうがよいでしょう。
社員達の健康の維持や促進を目的にして企業が行っている施策は様々な物事がありますが、今日において注目度が高まっている上に実際に導入に踏み切る企業が増えているのが、食事に関する健康経営の施策です。健康経営というのは、企業が働いている従業員達の健康に目を向けてサポートを行う事によって、社員達の健康を守れるのと同時に会社の経営面にも良い作用をもたらす事ができるといった考えです。 働いている社員達は一見するとしっかりと昼食を摂っているように見えるものの、食事内容をよく見てみると栄養バランスが偏ってしまっている事は珍しくないですし、日々お弁当を準備して出社している方においても連日のお弁当作りが仕事面以外で負担を生じさせるきっかけになる事があります。 そのため、企業が健康経営の施策を行う上で念頭に置いておくべきなのは、昼食を摂らないで仕事をし続けたり昼食を摂る時間すら確保する事ができないほど忙しいスケジュールで社員達が働かないようにする事はもちろん、食事内容についてもバランスが良い献立が頂きやすくする事です。 栄養のバランスが良い食事をすべく大切なのはサラダなどが該当する副菜の摂取量を増やすという事なので、昼食にサラダが選べるように環境を整えてあげるようにしつつ、おやつの時間や空腹感を感じ始める夜の遅い時間まで働いている方に対してはナッツや果物が提供できるように環境整備を行うと、健康経営の施策の1つにさせられます。 企業が正しい健康経営の施策を行う事ができれば、社員達は体脂肪率の低下や体質改善といった健康的な嬉しい変化が感じられるようになるのと共に、疲労感やストレスが解消されるようにもなります。 疲労感やストレスはビジネスシーンにおいて見逃せない事であり、慢性的に疲労感やストレスを感じ続けたまま仕事をしている社員が増えるほどより良いアイディアが生み出されなくなってしまったり効率性が失われてしまいますし、社員同士の関係性にも影響が生じるきっかけに繋がります。きっちりとバランスが保たれた献立を口にしていれば、各栄養が身体に吸収された後にエネルギーとなって働く事ができるようになるので、疲労の回復が感じられるようになり思考についても瞬時に的確な判断ができるようになります。

労働環境の改善が叫ばれる昨今では、社員を大切にする企業が評価される傾向で、環境改善を図る施策を始める企業が少なくないです。健康経営の施策は肉体と精神面の両方において重要で、社員が安心して長く働ける環境の実現が求められています。...
核家族化が進んだ現在の日本では、家庭でも家族で一緒に食事をする機会は限られていて、1人で過ごしたりごはんを食べるケースが少なくないです。孤食は食べ物の軽視に繋がり、簡単に食べられる物で済ませることや、栄養バランスの偏りといった問題があります。また、好きな物ばかりを食べたり、逆に嫌いな物は安易に避けるというような問題も懸念されます。当然ながらコミュニケーションはありませんし、会話を楽しむこともないので、協調性や社会性が欠ける傾向となります。健康を考えると、栄養バランスも楽しくないことも問題ですから、健康経営の施策に取り組むのであれば、みんなで一緒に共食を目指すのが得策です。 共食は孤食の問題を解消するのに有効で、様々なメリットに期待できるのが魅力的です。食事中の会話はコミュニケーションを生み、お互いが交流を図って人間関係の促進に役立ちます。難しく考えなくても、共通の話題で盛り上がることができれば、それだけで楽しい時間になります。 社員食堂などの形で場の提供を行えば、栄養バランスの良いメニューが用意できたり、偏りや食べ過ぎを防げます。時間を決めて食べるという習慣は、間食を防げる上に、計画性のある生活習慣の実現に結びつくでしょう。変化が楽しめるメニューの提供も重要ですが、みんなで一緒に共食することこそが、健康経営の施策の第一歩となるわけです。社会人は皆誰もが忙しく、余裕を持ってごはんを楽しめない人もいますが、忙しいからこそ共食でリフレッシュすることが大切です。 みんなで一緒に共食することは、様々な話題に触れたり、知らなかった情報が耳に入って新たな興味を抱く切っ掛けになります。ただ単に共に過ごすだけでなく、食事を通して多様なメリットを享受できるのが共食の良いところです。 毎食共食は難しいとしても、例えば会社でランチタイムに共食の機会を設ければ、健康経営の施策で社員の健康が守れるでしょう。これは栄養面のバランスや充実に加え、精神的な安定や充足をもたらすものです。 1人孤独に食べ物を口に運ぶよりも、誰かと一緒に同じ時間を共有したり、会話を楽しみながら笑い合って食べる方が断然良いです。孤食は口数が減りますし、会話の相手がいないだけあって、ネガティブな思考に支配されがちです。反対に共食はコミュニケーションが自然と生まれるので、孤独を感じることはなく、話題に集中できて楽しい気持ちになれます。

健康経営の施策とは、人々が健康な毎日を過ごすために必要であろう取り組みのことを指します。もともと健康に十分配慮している人もいるでしょうが、それを毎日継続させることは決して簡単なことではありません。...
経済産業省が推進している健康経営の施策として、みんなで一緒に共食するランチ会を取り入れる企業は増加中です。...

さらに表示する