ブログカテゴリ:ご利用の方へ



日々の生活では、いろいろとストレスが溜まることがあります。プライベートや仕事中でもさまざまな人とコミュニケーションを取ることもありますが、人付き合いなどが苦手という場合には、徐々にストレスが溜まってしまい適度に発散をするかストレスを軽減するための対策をする必要がでてきます。 また、ストレスの原因なども人によって生活環境や人間関係など状況によって違いがあります。
現代の社会はこれまでの社会構造とは大きく変化をしているタイミングでもあるため、様々なシーンでストレスを感じる方が増えていますし、各所で感じたストレスによって人間関係がギクシャクとしたものになる事例も珍しくありません。 そのように各所で感じた小さなストレスが積み重なって他人に対して強く当たってしまったり、元来生まれ持った価値観や性格が異なる者同士が同じ環境で近い距離を保ちながら過ごすからこそ生まれる負担もあります。 また仕事の内容や日々の生活自体には不満が無いのにも関わらず、気持ち良く働いたり過ごす事ができないといったストレスの原因は人間関係にあるので、人間関係を良好にしてできるだけ気持ち良く過ごしていくためには、お互いの事をよく知りつつ個々がストレスを解消していく事が大切です。

ストレスの原因は人間関係であることが多いので、共食で人間関係の円滑化をするのがおすすめです。 ストレス対策には共食をすることで、心の中にため込んでいたストレスを解消することが出来るといわれています。 共食とは、一人ではなくて誰かと一緒に食事をすることですが、一人でする場合に比べると心にゆとりを持つことが出来たり気持ちがほっとすることがわかっています。 一緒に食事をする相手は家族や友人で構いませんし、ちょっとした知人でも構いません。 誰かほかの人と食事をするということが重要ですので、一人で食べることが多いストレスを感じている人は試してみてはいかがでしょうか。
食事の摂り方には、「こ食」と「共食」というものがあります。 こ食とは孤独に食べたり子どもだけで食べたり、或いは濃い食べ物ばかりを食べたりといいうように、マイナスな意味で使われることが多い言葉です。 一方で共食とは、共にみんなでご飯を食べようという意味を持ち、最近になって特にそのメリットが注目されるようになりました。

ストレス対策はこれまでにいくつも考えられてきていますが、一度基本に立ち返ってみると、ストレス対策には共食が有効だと考えることができます。 ストレスの原因は人間関係が多くを占めますが、同時にストレスを軽減できるのも、この共食にヒントがあるといえます。 言い換えるなら、共食で人間関係の円滑化に取り組み、そしてストレスを感じにくい関係性を構築することが大切というわけです。
社内の人間関係は、同じ部署内や同世代同士だけで完結してしまいがちです。 接点がなければ他部署の人と話をする機会はなく、世代が親と子ほど離れていると考え方が理解できないときも多くなります。 人間関係が固定化されると風通しも悪くなり、ビジネスにも大きな影響を及ぼすでしょう。 一つの業務を部署内だけで完結させようとして時間を浪費したり、行き詰まって新しいアイデアが出てこないケースはよくあります。 また世代間のギャップが大きく上司や部下の考え方が理解できないと、コミュニケーション不足に陥り問題点の共有もできません。 世代や部署で壁を作ることにより、円滑なビジネスができなくなるわけです。

社内のコミュニケーションを円滑にするなら、ランチ会です。 ランチは世代や役職に関係なく誰もがとるものですが、そのスタイルはそれぞれです。 社員食堂がある企業なら利用する社員もいる一方で、外の飲食店に行って食べる人やお弁当を持って来てデスクで済ます人など、さまざまなスタイルでランチをしています。...
社員同士が一つのテーブルを囲い食事をする共食には、さまざまな効果がありその一つがコミュニケーションです。 それぞれ好きな場所や方法で食事をする個食だと、社員同士がコミュニケーションをとる場は限られています。 そのため社内での問題点を共有できなかったり、仕事の悩みに気付きにくくなります。 問題点を共有するだけなら、業務中に報告し合えば良いと思うかもしれません。 しかし業務中は気軽に話しかけにくい雰囲気も漂っていて、コミュニケーションもとりにくくなります。 社内で集まりランチを共にする習慣があると、こうした問題点は解決できるでしょう。 ランチを食べながら業務で気付いた点を報告すれば、問題点を共有できて改善策も見つかりやすくなります。 またランチを食べているときは、リラックスした雰囲気にもなります。 リラックスした雰囲気なら、オフィスでは聞きにくいことも聞けたり話しやすくなるでしょう。

近年は共働きする世帯や塾や習い事に通う子どもが増えたため、別々に食事をする家庭も増えました。 ライフスタイルの変化から個食に変わるのは仕方のない面もありますが、共食には多数のメリットがあります。 個食にはない共食ならではのメリットとは、コミュニケーションがはかどることです。 食事を一緒に共にすれば、自然と会話も弾みます。 家族なら目の間にある料理の話題から、その日一日にあったことを親と子どもの間で話す機会にもなるでしょう。 学校での出来事や友達との関係など、親の目の届かない点に気付くキッカケにもなります。
人は生きるために、毎日3食365日続けていきます。 近年、食育の現場で関心が高まっているのが共食という言葉です。 共食とは、読んで字のごとく「一人ではなく誰かと一緒に食事をすること」。 家族と共に過ごしている人にとっては、誰かと一緒に食事をするのは当たり前かもしれません。 しかし、最近では、核家族や共働き世帯の増えている影響もあってか、孤食の子供が増えているようです。 家族と住んでいる時はみんなで食卓を囲んでましたが、社会人になって一日の全ての食事を一人で食べているという人もいるでしょう。 一人で食べた方が気が楽という人もいるかもしれませんが、共食には様々なメリットがあります。

さらに表示する