「アイドルタイム 」を活かしてお店の経営を効率化するには

飲食店の経営効率化のカギは「アイドルタイム」

飲食店のアイドルタイムは利益効率を大幅に低下させる非常に厄介なものとなっていることが少なくありません。多くの店舗ではこの時間を有効に利用しようとするまともな施策を講じていることも多いのですが、売上利益を考慮した場合には効率が悪くなってしまうと言う実態があります。

 

一般的に集客力が低下する時間帯でもあるため、これを高めるために割引セールやタイムサービスといったお得感を感じさせる視察を行うことも多いのですが、この方法では逆にピークタイムの顧客数を減少させてしまうと言うデメリットもあり、そのバランスを考慮することが非常に難しくなってしまう例も多いので注意が必要です。

 

飲食店で円滑な経営を行うためには、単純に集客力だけでなく、売り上げ利益のバランスを考慮することも非常に重要なポイントです。

基本的には1日のピークの時間とアイドルタイムを含めて総合的に高い利益を得ることができれば良いと言う発想もあるため、材料費や人件費等を効果的に削減してその効果を高めようとする考え方も合理的な発想の1つとなっています。このような場合はアイドルタイムに割引セールなどを行う事は十分に売り上げ利益を考慮しないと、逆に人件費や材料費等が利益を圧迫し、最終的にビジネス上の問題を抱えてしまうことになる場合もあるので注意をしなければなりません。

「アイドルタイム」を活かす

アイドルタイムを効果的に利用する方法は、安定した集客を得た上で総合的な利益を逃さないようにするための緻密な準備が必要です。

その方法の1つとして考えられているのが、その時間帯だけのメニューを用意し、これを固定的に顧客に提供する方法です。

この基本的な考え方はランチタイムでの限定メニューの発想にあり、あらかじめ決められたメニューを時間帯を限って提供することで、食材の利用効率を高めロスをなくして利益率を高めると言う効果を得ているのです。

しかしこの場合には繁盛する時間帯を見越して提供することが中心となっており、そのために様々な食材を大量に1日入れることになるため、非常に効率の良いものであることが約束されています。これにより安定した利益を得ることができる方法と浸透しているのですが、逆に少ない時間帯に決められたメニューを考える事は非常に大きなリスクを背負ってしまうことになるため注意をしなければなりません。

 

コストを圧縮するためにはできるだけ不要な食材や結果的に捨ててしまうような食材を仕入れることを極力控え、原材料の回転を高めると言う点に重要なポイントがあります。この場合は材料費を削減するか安定した顧客数を獲得するかのどちらかしかありませんが、特に公共料金等は削減をすることが非常に難しいため、様々な不要な部分を削り落とすと言う発想に至ることが少なくなりません。

そのため多くの飲食店ではピークタイム以外は店舗を一旦閉めると言う方法を選んだところもあり、利益を高める事はできないまでもできるだけ出費を抑えると言う発想を行っているところも多いのが実態です。

 

アイドルタイムを利用する方法にはこのようなネガティブな考え方によりも多いのですが、この時間も効果的に利用しより利益を高めると言う発想では、アイドルタイムでも確実に商品を販売することができる方法を考案することが重要となっています。

飲食店経営を効率化する秘策「給食計画」

その発想の1つに、「給食計画」があります。給食はあらかじめ献立が決められているほか、前によっては自ら食べることを希望するかどうかを使えることができ、必要最小限の人数分だけを当日の仕入れで用意すると言う非常に厳密な考え方が用いられています。この状態で顧客がなかなか入らない時間帯に予約してくれる顧客を招き入れることで、効率よく時間を有効に利用することができるポイントがあります。

 

店舗の売り上げを高めるためには、より多くのビジネスチャンスを捕まえることが非常に重要なポイントとなっています。ランチタイムや夕方から夜家の営業時間の場合には、その客層によって様々なメニューを用意することができ、さらに様々な面で効率よく進めることができることからより高い利益を得る上でも非常に有効な方法ですが、基本的にこの時間は短くお昼時のランチタイムと、夕方から夜にかけての時間帯が中心となることが少なくありません。そのためその間になっている時間帯では安い商品を準備してもなかなか売れないと言うケースが多く、十分に注意をすることが必要となります。

 

その上で事前に献立を決めて提供する方式は現代社会では画期的なものであるほか、その効果に気づいていないと言う人も少なくありません。これを実現するためには経営者の意識を変革させることも重要であり、また情報交換なども頻繁に行われるべきであると考えられるものです。その上で効果的なビジネスを行うことが必要となっており、コストを抑えた上で多くの人に受け入れられるものを生み出すことが非常に重要な課題となっているのが実態です。