意外に知られていない共食のメリット

孤食とは一人で食事すること

職場や家庭で食事をする時に一人で済ませることを孤食と言います。

 

そもそも、食事は生命維持や健康のために必要な栄養素を補給すればいいのだから、一人で食べて何の問題があるのかという意見が出ることもありますが、孤食に関してはデメリットがあることが指摘されています。今は両親が共働きであったり、離婚したシングルマザーなど、片親世帯も多いので、子供が一人で夕ご飯を食べるケースが増えていることが問題視されています。

 

子どもの頃から孤食だと食事中の行儀やマナーなどを指導する機会が乏しくなりますし、家族間のコミュニケーションや憩いの場がなくなるので、ストレスや孤独感にさいなまれるようになっていきます。

 

共食とはみんなで食事すること

孤食とは逆に、両親や兄弟姉妹に祖父母などの家族に囲まれて一緒に食事をすることを共食と呼びます。

 

職場で上司や部下たちと食事をしたり、学校で友人やクラスメイトと一緒に食事をするのも広い意味での共食と考えてもいいかもしれません。

 

「共食」にはメリットがたくさん

この共食のメリットはたくさんあります。

 

まず、一緒に食事をした者同士で交流することができるという点です。

今日一日学校や職場であったことなど、一緒に食卓を囲んでいる時だからこそ話しやすい雰囲気になりますし、家族で団らんすることでお互いのきずなを深めることにもなります。空腹感を満たせば一人でもいいと思ってはいても、一人で食べるよりも気の置けない仲間や家族と一緒の方が、より食事そのものを楽しめるようになるのです。

 

家族や同僚の健康状態にいち早く気付く機会が得られるのも、共食のメリットでしょう。

普段と違って食欲がなく、食べ残しをしてしまったり、様子がおかしいと感じた時には病気の兆候をとらえられます。病気や体調不良ならこれ以上悪化する前に対策をとることができますし、早期発見することで重い病気にならないで済むこともあるでしょう。同じ時間に同じ場所で全員で食事をすることで、規則正しい生活習慣を守りやすくなるのもポイントです。

 

箸の使い方や食事の順番の偏りなど、マナーのない行為があった時に修正してあげられるのも、共食の良さです。

学校や職場、客先や接待の場で恥ずかしい思いをする前に、家族や仲間がさりげなく指摘してあげれば、本人の為にもなります。

料理の配膳などを手伝ったり、マナーや礼儀作法を自然に身につけることで、子供が成長して親になったらその子供たちに教育することができるので、自然に行儀作法などを受け継がせることにもなるのです。