共食のメリットとは?

教育現場などで食育が取り入れられるようになってしばらく経ちますが、最近では「共食」の推進が強くすすめられています。

 

共食とは、一人ではなく誰かと一緒に食事をする、という意味で使われる言葉で、現代のように核家族や共働きが多くなったことによって一人きりで食事をする「孤食」が増えていることに対するアプローチです。孤食をすることで色々な問題が起きていると言われ、それをなくし、豊かな人間性や健康な心身を育てることが出来る共食が大切だと言われています。

 

共食のメリットとは、まず、家族間や友人間でコミュニケーションが活性化するために関係がよくなることがあげられるでしょう。一緒に食事をすることで、食事そのものが美味しく感じられるだけでなく、目の前にいる相手とは会話が始まります。「これ美味しいね」「それは何?」といった質問や共感から会話が始まり、コミュニケーションが活発化するのです。楽しい気分になりますので、体はリラックスして臓器の働きも良くなるでしょう。

 

更には、食卓でのコミュニケーションによって知識が増えます。料理に使われている食材や料理のレシピ、味などについては勿論のこと、その日あった出来事で嬉しかったことや悲しかったことなどを思い出し、目の前にいる人と話題を共有しようとするのです。関心が広がり、相手の話を聞くことで知識も増えます。

 

そして食事のマナーを子供に教えることも可能です。子供だけでなく両親や祖父母など年長者と食事をすれば、その際のマナーについて注意されることが多いでしょう。作法やマナーは、身内の人との食事で教えてもらうことで社会に出た時に恥をかかなくて済むようになります。

 

一人で食べると食事内容にも手を抜きがちですが、数人で食べるとなるとそれぞれに栄養面や食べやすさを考えてメニューも豊富になりますので、結果として、栄養バランスの取れる食事となるのです。

 

1人で食事をすることを孤食といい、誰かと一緒に食事を取ることを共食といいます。

 

最近は、ライフスタイルの変化によって孤食の人が増えていますが共食には栄養とか食育の面でも多くのメリットがあります。1人暮らしをして働いている方とか学生、高齢者の1人暮らしも増えてきているので最近は大勢で食事をするよりも1人のほうが多いという方はすべての世代で増えてきています。1人暮らしではなくても、家族みんなの生活リズムがバラバラだったりすると、一緒に食べる機会もどうしても減ってしまいます。共働きの家庭も多く、子供だけで食事するという家庭も少なくありません。でも子供だけで食べてしまうと、好きなものばかり食べてしまうという傾向になってしまい栄養が偏りがちです。

 

共食することで、苦手なものも親が美味しそうに食べれば自然とそれを見て食べられるようになることは珍しくありません。親子の大切なコミュニケーションを取る大切な時間になりますし、親子でなくても家族でお話しをしながら食事をとることができ、日々あったことなどを会話の中で気づく発見などもあります。もちろん家族とではなくても、共食は友人とか職場の人とでも良いです。1人で食べるよりも人数が多い方が自然と品数も増えて、主食とか主菜や副菜なども3つ揃ってきちんと食べられることが多いです。そうすることで栄養バランスは格段に良くなりますし、楽しくお喋りしながら食べることで楽しい気持ちにもなれ普通のメニューでもより美味しく感じることができメリットが多いです。お喋りをしている中で新しい発見などもあり、勉強になることもあります。

 

親子で食事をする際には、箸の正しい持ち方とか食事をするときに正しい姿勢などを見直すとても良い機会になり、子供が大人になっても恥ずかしくない正しい食べ方を学ぶことができます。共食は孤食と違って、食べるだけではなくしっかりと学ぶ良い機会になるということです。1人で食べている子供たちは、最近多くあるこども食堂にいくなどして共食できる環境を見つけることも大事です。

 

共食にはこのように、メリットがたくさんありますので、積極的に取り組んでいきましょう。